高分子分析討論会

第26回高分子分析討論会

'26th National Symposium on Polymer Analysis and Characterization'
(高分子の分析及びキャラクタリゼーション)
高分子分析・特性解析全般に関する討論会です。高分子分析は,物性発現機構を解明したり構造設計の指針を得たりするための基盤であり,その重要性はますます高まっています。高分子分析・キャラクタリゼ-ションを対象とした本討論会の内容は,化学的手法,分光学的手法,各種クロマトグラフ法,熱分析法などによる組成,分子構造,高次構造,構造と物性との相関,物性発現機構,重合機構等の解析に関する基本原理,手法開発,解析実例などに及びます。

第26回高分子分析討論会プログラム

更新情報

2021/11/18 <第26回高分子分析討論会(2021年)>
各賞受賞者が決定しました。おめでとうございます。
受賞内容詳細はこちら 「第26回高分子分析討論会 受賞案内」

<審査委員賞>
岡本隆志 殿 (住ベリサーチ)

 I-5「緩和試薬を用いたフェノール樹脂硬化物の固体13C-NMR測定時間の短縮」 岡本隆志
永尾達彦 殿 (ポリプラスチックス)
 II-4「加熱下および燃料膨潤下におけるポリオキシメチレンの高次構造解析」
尾関優香 殿 (名工大院工)
 III-4「ESI-IMS-MSとKMD法を用いた St/MMA/nBA コポリマーの解析」
松下宏幸 殿 (徳島大院理工)
 III-9「インバース型diffusionプローブを用いたエチレンプロピレンジエンゴムのDOSY測定」

<ポスター賞>
前山未来 殿 (豊田中研)
 I-6「カーボン材料によるラマンスペクトルの蛍光低減」
中村清香 殿 (産総研)
 II-10「Py-GC-高分解能TOFMSとKMD解析を組み合わせたポリプロピレンの酸化劣化評価」
新澤英之 殿 (産総研)
 III-14「高分解能 MALDI及び主成分-KMDプロットによるポリマーの劣化診断」
石田崇人 殿(北大院工・産総研)
 IV-14「EGA-MS-PCA法によるエポキシ樹脂の熱酸化劣化解析」