高分子技術講習会

第63回高分子分析技術講習会 基礎編(2021年10月5日・6日)Web開催

イベント概要説明

高分子分析には,一次構造に分布のある高分子化合物の構造解析から高分子材料中の添加剤分析に至るまでの幅広い分析技術が必要とされます。 また,高分子特有の物性のために低分子化合物の分析とは異なるコツが必要になることもあります。 本講習会では,“高分子を分析するための技術”に関する講義を前期・後期の2回に分けて行っています。 今回の前期:基礎編では, 高分子分析の初級者を対象として, 実用的で基礎的な内容について講義します。理解を助けるための演習も行います。 (なお, 来春予定開催の応用編では,高分子分析の中級~上級者を対象として,分析実例を含む応用的な内容を中心に講義します。)

主催

(公社)日本分析化学会 高分子分析研究懇談会 (協賛:(公社)日本化学会, (公社)高分子学会 (協賛依頼中))

日時

2021年10月05日 09:30~2021年10月06日 17:00

会場

オンライン配信(Cisco WebEX Meetingシステム)

内容詳細

講習内容
 10月5日(火)
 ・高分子分析概論 (名古屋工業大学・大谷肇先生) 9:30-11:00
 ・高分子の熱分析と熱物性:基礎編 (昭和大学・本多英彦先生) 11:10-13:50 (途中昼休憩)
 ・高分子分析のための前処理技術 (東レリサーチセンター・佐藤信之先生) 14:00-15:40
 ・ガスクロマトグラフィー及び質量分析法による高分子分析:基礎編 (中部大学・石田康行先生) 15:50-17:50
 10月6日(水)
 ・赤外分光法による高分子分析:基礎編 (京都大学・長谷川健先生) 10:00-12:00
 ・液体クロマトグラフィーによる高分子分析:基礎編 (工学院大学・川井忠智先生) 13:00-15:00
 ・核磁気共鳴分光法による高分子分析:基礎編 (徳島大学・平野朋広先生) 15:10-17:10

開催案内はこちら

講義要旨はこちら

講習のレベル
 高分子分析を始めて日が浅い方のご参加を想定しています。高分子分析について経験をお持ちの方の復習や知識の定着を目的とした参加も歓迎いたします。

接続・受講方法
 Cisco Webex Meetingシステムを使用します。ご登録頂いたメールアドレスに招待状をお送りします。招待状に記載された「ミーティングに参加する」ボタンを押すと,特別な操作なしにシステムが立ち上がります。詳細な接続・受講方法は,ご登録頂いたメールアドレスに後日お送りいたします。

募集人員
100名

受講料
 高分子分析研究懇談会会員および日本分析化学会会員:25,000 円
 協賛学会会員:29,000 円
 会員外:45,000 円
 学生:10,000 円
 受講料はすべて税込みです。日本分析化学会会員には, 維持会員, 特別会員, 公益会員を含みます。特別会員または公益会員の場合は, 1 名のみ会員扱いとします。日本分析化学会への入会申し込みはこちら
 高分子分析研究懇談会法人会員については, 法人登録と別の事業所の方が受講する場合は法人会員外となります。
 なお, 納入された受講料の返却は致しませんのでご了承願います。
   振込先は申込後にマイページに表示される請求書に記載があります。

申込方法
 参加申込フォームで参加区別(参加料金)を選択しお申込みください。
 続いて「参加者情報編集」から振込予定日、会員番号など入力ください。

※第60回応用編(2020年3月4日~5日開催)中止に伴う振替受講を希望される方は,参加申込フォームの記入欄に「振替参加券」の受付番号を明記ください。無料で受講できます

申込締切
 9月27日(月) 

問い合わせ先
 アジレント・テクノロジー(株) 
 野上 知花〔E-mail:pacd-koushu@pacd.jp〕
 @マークを半角にして下さい

高分子分析研究懇談会会員
25,000円
日本分析化学会会員
25,000円
協賛学会会員(高分子学会, 日本化学会)
29,000円
会員外
45,000円
学生
10,000円
第60回応用編 (2020年3月4日~5日開催) 中止に伴う振替受講希望者
0円
その他 (講師、委員)
0円