高分子分析・特性解析全般に関する討論会です。高分子分析は物性発現機構を解明し,構造設計の指針を得る基盤であり,その重要の認識は高まっています。高分子分析・キャラクタリゼ−ションを対象とした本討論会の内容は,化学的手法,分光学的手法,各種クロマトグラフ法,熱分析法などによる組成,分子構造,高次構造,構造と物性の相関,物性発現機構,重合機構等の解析に関する基本原理,手法開発,解析実例などです。
重要な日時
 ★昨年よりも若干早くなっております
・発表申込締切 6月16日(金)・・・終了しました
・発表要旨締切 8月28日(月)・・・終了しました
・プレビュー原稿締切 10月4日(水) 17時

第22回高分子分析討論会
'22th National Symposium on Polymer Analysis and Characterization'
(高分子の分析及びキャラクタリゼーション)



主 催 公益社団法人 日本分析化学会 高分子分析研究懇談会
共催,協賛 (公社)日本化学会,(公社)高分子学会ほか

期 日 2017年10月12日(木)・13日(金)

会 場

つくば国際会議場 (http://www.epochal.or.jp/)
茨城県つくば市竹園2丁目203
つくばエクスプレス つくば駅
徒歩10


 主題  高分子分析・特性解析全般に関する討論です。
 高分子分析は物性発現機構を解明し,構造設計の指針を得る基盤であり,その重要性への認識は高まっています。高分子分析・キャラクタリゼ−ションを対象とした本討論会の内容は,化学的手法,分光学的手法,各種クロマトグラフ法,熱分析法などによる組成,分子構造,高次構造,構造と物性の相関,物性発現機構,重合機構等の解析に関する基本原理,手法開発,解析実例などに及びます。

発表形式  討論を重視するため,発表はすべてポスター発表のみとし,これに先立って2分半の口頭による概要説明を行います。このほかに特別講演を予定しています。優秀なポスターには表彰を予定しております。

研究発表会
申込方法

1. 発表内容には既発表のものを含んでいても構いません。また,新しい試みであれば,研究途中のものでも差し支えありません。
2. 高分子分析研究懇談会ホームページからお申し込みください。ホームページからの申し込みができない場合には,下記に問い合わせてください
3. 講演要旨執筆要領はホームページに掲載します。
4. ポスター発表のプログラム編成は実行委員会に一任願います。

発表申込締切
6月16日(金) 17時 ・・・終了しました
発表要旨締切 8月28日(月)
研究発表申込先 高分子分析研究懇談会ホームページ(http://www.pacd.jp/)
その他 発表者は第22回高分子分析討論会の参加登録もお願いいたします。
参加登録はプログラム確定(6月下旬を予定)後、高分子分析研究懇談会ホームページにて参加登録フォームを開設しますので、そちらでお申し込みください。
参加費 予約登録(9月27日締切) 一般:¥8,000-, 学生:¥2,000-
     当日登録(9月27日以降) 一般:¥12,000-, 学生:¥3,000-
     懇親会費(10月12日 17:50〜19:50:予約登録のみ) ¥4,000-
問合せ先

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 機能化学研究部門
佐藤 浩昭
電話:029-861-8304
E-mail : sato-hiroaki@aist.go.jp
 (メール送信の際は@を半角にしてください)



All Rights Reserved, Copyright (c) 2003, THE JAPAN SOCIETY FOR ANALYTICAL CHEMISTRY