本文へスキップ

高分子分析研究懇談会は、お互いの情報共有等を通して高分子分析の発展を目的に活動しています。

例会&講習会SERVICE&PRODUCTS

過去の例会&講習会の情報はこちら

第401回例会(第一部および第二部)開催のご案内

 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。第401回例会を下記の内容にて開催致します。今回はweb形式で開催する初めての例会ですので、2部形式としご案内いたします。今回はテスト接続の意味もございますので、会員の方に限り例会への参加が可能となります。ご了承ください。


 主催 (公社)日本分析化学会 高分子分析研究懇談会
 日時 第一部 2020年8月5日(水)10時00分 〜 11時20分
第二部 2020年8月21日(金)13時00分 〜 14時20分
 場所  webex meetingsによるweb開催(会員に別途案内)
会員限定です。無料となります。

講演内容

第一部(2020年8月5日)
受付(10:00 〜 10:30)

開会のあいさつ (10:30 〜 10:35)      (東ソー分析センター)香川 信之

講演 (10:35 〜 11:15)
「反応熱分解GCによる共重合型ポリヒドロキシアルカノエートの2連子分布の解析」
(中部大学)石田 康行

 有機アルカリ共存下での反応熱分解GCの手法は、縮合系コポリマーの共重合組成を解析するための実用分析法として広く利用されています。しかしながら、この方法では主鎖をモノマー単位まで定量的に分解するため、得られたクロマトグラムから連鎖分布に関する情報を得ることは原理上できません。本講演では、反応熱分解GCにおける加水分解効率を制御することにより、1) 共重合型のポリヒドロキシアルカノエートからダイマー成分を効率よく切り出せる反応条件の確立、および2) 当該ポリマーにおける連鎖構造の解析を行った内容を紹介します。

閉会のあいさつ(11:15 〜 11:20)
(東ソー分析センター)香川 信之


第二部(2020年8月21日)
受付(13:00 〜 13:30)

開会のあいさつ (13:30 〜 13:35)      (東ソー分析センター)香川 信之

講演 (13:35 〜 14:15)
「プラスチックを取り巻く状況およびリサイクルにおける高分子分析の重要性」
(東北大学)熊谷 将吾

 海洋プラスチック問題やアジア諸国の廃プラスチック受入制限を契機に、プラスチック問題が世界共通課題として強く認識されるようになりました。しかし、プラスチックの優れた機能と経済性を代替する素材を見つけることは容易ではありません。よって、環境保全と高度なプラスチック資源循環を両立させる戦略が重要となります。本講演では、まず、プラスチックを取り巻く国内外の社会動向およびプラスチックリサイクルの現状について紹介し、プラスチック資源循環の課題について整理します。続いて、発表者のプラスチックリサイクルに対する研究開発、その中における高分子分析の重要性について紹介します。

閉会のあいさつ(14:15 〜 14:20)

申込方法

 今回に限り、会員限定で別途電子メールにてご案内いたします。

申込先,問合せ先

〒220-8559 神奈川県横浜市西区高島1丁目2−11
(株)資生堂 グローバルイノベーションセンター  中谷 善昌
[E-mail:pacd-reikai-info@pacd.jp]